2018年2月16日金曜日

火災保険の申請においてアパートがより多く持つ利点

こんにちは田里です









お陰様で毎日のようにアパートの現調をさせて頂いております。
あと千葉の生活にも慣れてきました。






火災保険の申請において、一戸建てよりアパートの方が利点を多く持ちます。

・建物自体が戸建より大きいので、支払われる「足場組み立て費用」も大きくなる

損害箇所も多く、点在している傾向にある

・入居者が加入している「借家人賠償保険」との合わせ技で相乗効果あり

大口契約のオーナーだと保険会社の対応も変わる

・一般家庭における申請と比較して、保険事故である根拠を詮索されにくい










大きいから足場代が大きくなるのは容易に想像できると思いますが、二つ目の「点在している」ことが重要です。
部分的な損害のみ認められた場合足場組み立て費用はその部分にだけ支払われますが、あちこちに損害が点在している場合現実的に考えて「部分+部分」の足場ではなく「全面足場」を採用します。軽微な損害が各方位に点在していると、請求が行いやすいです。


また、入居者が加入している「借家人賠償保険」との合わせ技もオーナーに喜ばれます。これに関してはまたの機会に説明します。




大口の契約をされている大オーナーだと、やはり保険会社の対応は変わります。
いいことか悪いことかは置いといて事実です。




一般家庭における火災保険の申請を行う場合、その根拠や自覚の有無など、結構いろいろ聞かれます。「やっぱり申請取り下げようかな」とも思っちゃうくらい詮索されます。

ただアパートオーナーの場合そこに住んでいないケースの方が多いですから、あまり聞かれません。「え?もう保険金振り込まれるの?」と拍子抜けされることも多いです。



戸建にお住まいのお客様からのお問い合わせも心よりお待ちしております。

火災保険活用型リフォームなら横浜生まれののイヅミ企画まで♩




明日も現調頑張ります。






友達登録お願いしますm(_ _)m



2018年2月9日金曜日

火災保険で「リフォームができる」か「原状回復しかできない」か








こんにちは

田里です




弊社では普段より火災保険活用型リフォームの普及を推進しておりますが、ネット上では様々な考え方が散見されます。


多くは

「火災保険でリフォームはできません!原状回復のみです!」

とか

「火災保険でリフォームできると言っている業者さんに気をつけて下さい!」

など


弊社は「火災保険でリフォームができる」という立場に立っています。
ではなぜこのような考え方の違いが出てくるのでしょうか。












自然災害などの被害に遭われた建物の保険金を請求する場合、実勢価格より損害保険金の方が上回るケースが多いのです。
ここがミソです




簡単に説明すると屋根屋 さん複数社に見積もりを出してもらい、その平均値と保険会社が認める損害保険金では後者の方が高いケースの方が多いのです。

屋根屋複数社平均値60万円
保険会社から支払われた損害保険金85万円

のようなケースです。実勢価格を割るケースはほとんどありません。

弊社では実勢価格と実際に支払われた保険金の差額部分を有効に活用する「火災保険活用型リフォーム」を実現し多くの皆様からご満足のお声を頂いております。



さてさて、それではなぜ「火災保険でリフォームは無理!原状回復だけ!」と声を上げる業者さんが多いのですかね〜



わかりますよね?

上記の
屋根屋複数社平均値60万円
保険会社から支払われた損害保険金85万円
の場合でも、85万円で工事を行ない、通常では考えられない高利益率の仕事を死守するためです。

お時間があれば是非「火災保険 リフォーム 〇〇(エリア)」で検索してみて下さい。
弊社のような立場に立つ業者か、高利益率の仕事を何が何でも守り抜きたい業者か判断がつくはずです。





友達登録お願いしますm(_ _)m


2018年2月8日木曜日

保険金が支払われる場合と「支払われない」場合の境界線とは

こんにちは
田里です




今まで数多くの保険申請に携わってきましたが、

どの程度の損害があれば保険金が支払われるのか
という部分について少し話します。










神奈川県厚木市のこちらのお宅では
2014の大雪の影響により94万円の損害保険金が認められました。

















神奈川県横浜市のこちらのお宅では70万円の損害保険金が認められました。



















神奈川県相模原市のこちらのお宅では98万円の損害保険金が支払われました。























神奈川県綾瀬市のこちらのお宅では
1円も保険金は支払われませんでした。


















神奈川県大和市のこちらのお宅でも
1円も保険金は支払われませんでした。











もうお気付きだと思いますが、
支払われている案件と支払われていない案件に差はありません。



保険会社の担当者や、現地に来る鑑定人により大きく結果に差が出ているのが現状です。




保険金を確実に支払ってもらうためにも、しっかりとした準備と必要な書類を整えることが重要です。




自然災害における火災保険の請求は専門業者へ相談のうえ、時間をかけてしっかりと行いましょう。



友達登録お願いしますm(_ _)m
友だち追加







045‐392-8925


2018年2月7日水曜日

屋根塗装にタスペーサーは必須か

こんにちは
田里です







屋根塗装をご検討されている方からよく聞かれるのが
「タスペーサーって必ず入れた方が良いの?」
という質問です。




タスペーサーとはスレート屋根の重なりめに差し込み、強制的に隙間を作る器具です。

屋根に入り込んだ水の排水や、毛細管現象による雨水の入り込みを防ぐために
ある程度の隙間がスレート屋根には必要です。






ただ、「タスペーサーは屋根塗装時には必ず入れろ!」や「タスペーサー使うなんて素人」といった様々な誤った認識がネット上で蔓延しているので、少し説明します。





もちろん、必要に応じては使うべきですし、弊社でもよく使用します。
カッターなどでせっかく塗った塗膜を切り開く「縁切り」と比べると、タスペーサー
の方が随分良いです。








タスペーサーの必要がない場合とは

築10年程度経過している「1回目の塗装をするお宅」ではタスペーサーは不要です。
塗膜が乗っていなく、経年による屋根材の反りが起きますので勝手に隙間は出来ています。

2回目以降の塗装は状況を見ながら判断しましょう。






タスペーサーは株式会社セイムという会社が生産・販売しています。立場によっては賛否両論、様々な声が上がると思いますが、「使うべき」「使わないべき」のどちらかの結論を求めずに状況に応じた賢い選択をしていきましょう。



友達登録お願いしますm(_ _)m
友だち追加






045‐392-8925

2018年2月6日火曜日

アパートオーナーからのご依頼が多い理由

こんにちは田里です












お陰様でアパートオーナーからのご依頼が多く、バタバタとしております。






弊社では新聞折込を定期的に行なっておりますが、反響の20%近くがアパートオーナーです。



新聞を購読している層からアパート所有率で考えても、ものすごい高い割合だと考えております。



やはり一般の方と比べて、情報収拾能力が高い方が多いのかなと、考えています。



明日は大和市で現調
頑張ります




友達登録お願いしますm(_ _)m
友だち追加






045‐392-8925

2018年2月4日日曜日

2018.1/22に降った大雪での保険申請は可能か

こんにちは
田里です


1月22日、関東の広いエリアで大雪が降りましたね
















今でも積雪が目立つ地域があります



上の図の通り

八王子・相模原・川崎エリアでの積雪が多く、その被害も甚大です





さて、タイトルの2018.1.22の大雪による保険申請は可能か?

答えは地域によります


お住まいのエリアが対象エリアになるか、お気軽にお問い合わせ下さい



友達登録お願いしますm(_ _)m
友だち追加






045‐392-8925



2018年2月3日土曜日

アパート改修費用180万円を0円にする方法

こんにちは
田里です



川崎市麻生区にてアパートの現調をしてきました










おそらくこのアパートでは180万円ほどの保険金が支払われます
そしてその全額を改修工事費用に充てることが可能です


火災保険は火事の時だけでなく、大雪や台風など様々な事故に対応しています

アパートオーナーのみなさんは是非弊社の無料調査をご活用下さい

千葉市に新店舗を構えたので商圏も拡大し、より広範囲の対応が可能となっております。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい


(LINE@からのお問い合わせがとても嬉しいです)







LINEで簡単お問い合わせ
友だち追加






045‐392-8925



2018年2月2日金曜日

千葉、損保ジャパンの洗礼を受ける・・・

こんにちは
田里です





神奈川県内での仕事も順調で、本日は横須賀、綾瀬と現調をした後、工事前の打ち合わせなどを行いました。


















ところで・・・




千葉県にある損保ジャパン日本興亜の災害対策室がなかなか手強く、厚い洗礼を受けました。


弊社のような業者の批判を直接保険契約者に吹聴することで、支払い保険金を抑えています。


やりかたがせこい・・・





まあ、神奈川でも同じような経験を積み重ねているので、骨は折れるでしょうが地道に頑張っていきます。




(大手保険会社のやりかたとは思えないぞ!いつか材料集めて暴露してやる)
心の声





LINEで簡単お問い合わせ
友だち追加






045‐392-8925



2018年2月1日木曜日

リフォーム比較サイトは活用するべきか

こんにちは
田里です





「リフォーム 〇〇(地名)」で検索をかけると様々なリフォーム比較サイトがヒットしますね。
「無料で〇〇社から一括見積もりができる!」なんて銘打って



これ絶対使っちゃダメですよ!






うちにもよく営業の電話がくるんです


「〇〇のエリアで外壁塗装を施主様と直接取引してくれる業者さんを探してまして」という甘い言葉で



実態としては

施工業者はサイト登録に費用がかかる→見積もりの結果、成約した場合は施工業者は成約金額から手数料をサイトへ支払う利益減工事原価を下げたくなる→顧客満足度は低め





同じ100万円の工事を頼むにしても直接工務店やリフォーム業者へ依頼するのとは違い、
10~20%の金額がサイトへ流れるので、施工業者としては苦しいですよね。



そもそも、一括見積もりサイトに登録している時点で「どんなに安くてもいいから仕事が欲しい」という会社ばかりなので、品質面では非常に怪しいです。





真面目にコツコツ、地域に根ざして頑張っていきます。







LINEで簡単お問い合わせ
友だち追加






045‐392-8925

リフォーム業者の選び方

こんにちは
田里です








お住まいの建物が古くなり塗り替えや屋根の葺き替え工事をしなきゃなぁとお考えの際、皆さんなら次のうちどの業者を選びますか?




①大手リフォーム業者
〜TVコマーシャルなどで知名度抜群〜



②ハウスメーカー
〜建てた業者だから安心ね〜



③中小リフォーム業者
〜地元密着のトータルリフォーム〜



④個人事業で商売をしているペンキ屋さん
〜一人でやってるから月2棟までしかやりません〜






まずは品質面、①と②は問題無いでしょう③はよく調べたうえで賢く付き合いましょう

④は人によります変な人にあたったら後悔するでしょう




金額面

高い順にだいたい②>①=③>④だと思います。




安心や長期の保証を買いたい方は②を選ぶべきでしょうね。

①と③は品質、金額とも同じで有名か無名かだけの違いです。

④は一番安く工事ができる可能性が高いですが、親方の人柄によるところが多いです
保証もあって無いようなものだと考えた方が無難です




弊社は③に分類されます
みなさんご存知の通り弊社では火災保険を活用した非常にお得なリフォームを提案しているので

価格は高い順に、②>①>④>イヅミ企画

となります。品質面でも①と同じです。






つまり、よっぽど依存しているハウスメーカーでも存在しない限り、火災保険活用型リフォームを選ぶことが一番賢い選択と言えます。






















また雪降るみたいですね・・・







LINEで簡単お問い合わせ
友だち追加






045‐392-8925