2018年6月5日火曜日

工事完了後のクーリングオフについて

事業者が特定商取引法のさだめる書面の交付や所定の手続きを怠った場合、消費者はいつでもクーリングオフができます。

通常、クーリングオフというと取引が行われてから8日間というのが一般的に知れ渡っているものだと思われますが、事業者が要件に欠く取引をした場合その限りではありません。



電話勧誘を受けたことによって取引がスタートした場合や、連鎖販売契約(いわゆるマルチ)に関わる契約などによって、事業者に求められる対応は異なってきます。


リフォーム業界で今でも多くある飛び込み営業、これも特定商取引に含まれます。
多くの会社はしっかりと書面の交付をしていますが、法令を理解せずこれを無視している事業者も存在しているのが事実です。



リフォーム工事が完了し、代金の支払いもすでに終えているものでも場合によっては全額返金を請求できる可能性があります。


以下は太陽光パネルの設置が済んだ後、返金の請求が認められた判例です。
http://www.kokusen.go.jp/hanrei/data/201101_1.html



工事や取引に満足しているのであれば、多少の不備も目を瞑っていいと思いますが、そうでないのであればしっかりと返金請求をするべきだと考えています。

株式会社イヅミ企画では書面の交付はもちろん、施工面、対応面でも一切の妥協をせずに、お客様のご満足・お客様からのお褒めのお言葉を頂くこと第一に考えているため幸いなことに上記のようなトラブルは経験しておりません。


火災保険を活用したリフォームを行うこの業界のイメージの悪さはいまだに存在します。
我々がそれを払拭できるかわかりませんが、引き続き真面目に、実直にお客様と向き合っていきたいとおもいます。





友達登録お願いしますm(_ _)m

2018年6月4日月曜日

その契約、ちょっと待った!

こんにちは
田里です








築年数が10年を超えそろそろリフォームを考えている頃、様々な形でアプローチをかけてくるリフォーム業者と最終的に契約書を交わすことになると思いますが、ちょっと待って下さい!!


外装工事に必要な費用、決して安いものではないですよね?
あなたがもしお金持ちで、100万200万の出費に糸目をつけないのであれば問題ないですが、ほとんどの方はそうではありません。


ご加入中の火災保険で外装工事の資金作りができるとしたら、あなたならどうしますか?
150万円の外装リフォーム、事前に100万円の資金を用意できるとして、あなたはそれを活用せずに自己資金でリフォームを行いますか?



弊社へのご依頼で、非常に多いのが「契約直前なんだけど、資金作りできるかしら?」という案件です。
契約が済んでしまうといろいろと面倒なので、業者さんと話が決まる前に是非弊社へご相談下さい。資金面でも施工面でもお力になれるはずです。




まだまだ認知度の低い「火災保険活用型リフォーム」
賢い人はみんな使っています。


お気軽にお問い合わせ下さい。




友達登録お願いしますm(_ _)m

千葉でも火災保険を活用したお得なリフォーム

こんにちは
田里です












久しぶりの投稿となりますが、千葉でも火災保険を活用したリフォームを行なっております。
神奈川とは違った申請の仕方でないとなかなか難しいところもありますが、なんとか順応してきました(・∀・)笑




火災保険・地震保険にご加入されている方で、リフォームをお考え中、または建物の損傷で気になる箇所がある方はお気軽にお問い合わせ下さい♩




外装工事を相場の半値以下で行ないたい方はイヅミ企画まで

火災保険を活用したお得なリフォームは横浜生まれのイヅミ企画まで♩




友達登録お願いしますm(_ _)m