2014年2月13日木曜日

着工、現場調査、鑑定と、バタバタした一日 横浜市泉区


今日から着工のお宅。
塗装工事を行います。足場屋さんがテキパキと仕事をしてくれ、お昼には組み立て終わりました。流石!!






すぐ近所のお宅からも調査の依頼を受けたので、ハシゴを掛けて屋根の上へ



棟板金は釘が効いておらず、ぶかぶかの状態でした。
風災害で申請できそうですね。良かった。


また、外壁には多くのクラックがあったので地震保険の請求も併せて行います。
(写真の彼は従業員のケンちゃんです。いつも笑顔の好青年)

やはりこのお宅のご主人も風災害や一部損の存在をご存じでなく、非常に驚いた様子で「本当に保険利くの?」と最後まで半信半疑でした。こちらの結果も後日このブログで報告します。




さて、午後からはまた違うお宅で「鑑定」です。

「どこの鑑定会社だろう」や「嫌味な人が来たらやだな~」と、鑑定の日は胃が痛くなるほど考えてしまいます。




しかし僕がオドオドしてちゃしょうがない。気持ちを切り替え、パリっとした姿勢で待ち構えます。
午後一時、鑑定人がゾロゾロとやってきて鑑定を始めました。
写真の白い上着を着たケンちゃん以外全員鑑定人や保険会社から派遣されて来た業者さんです。一般の方はまずこれだけで圧倒されちゃいますよね。(ちなみに隣の足場が掛かっているお宅は最初の写真のお宅です。)


厳しい表情の鑑定人、さてさてどうなる






火災保険の申請、よくわからない!という方は一度ご相談下さい。
株式会社イヅミ企画
TEL 045‐392-8925

田里が対応致しますのでお気軽にお問合せ下さい☆

火災保険申請日記