2016年7月28日木曜日

自分でできる!火災保険の申請 保険の確認と建物のチェックポイント②



建物外観から雨樋の損傷の疑いがあれば、次は採寸です。













建物外周の寸法をメジャーを使って測ります。
この時雨樋の寸法もついでに測っちゃいましょう。









必要があれば屋根に上りますが、危険なので極力上らないで下さい。







雨樋の端っこにメーカー名、型番が書いてありますので控えます。









建物外周と雨樋の採寸が終わったら後は積算です。

雨樋は測った数字を全て足すだけなので簡単です。

外周に関して、2階建てなら7m
3階建てなら10mの高さとして足場面積を出せば大体問題ありません。






足場組み立て・解体  1200円/㎡
養生メッシュシート 200円/㎡
既設雨樋撤去  1500円/m
破風板補修 1000円/m
新規樋受け金具 1000円/m
新規雨樋 3500円/m



上の数字に採寸したものを入れればとりあえずは簡易的な積算は完了です。


例えば雨樋30m、足場面積200㎡なら

足場組み立て・解体  1200×200=240000
養生メッシュシート 200×200=40000
既設雨樋撤去 1500×30=45000
破風板補修 1000×30=30000
新規樋受け金具 1000×30=30000
新規雨樋 3500×30=105000

小計490000
消費税39200
合計529200…①


これに「臨時費用保険金」や
「残存物取片付費用保険金」が加算されます。

臨時費用保険金は、契約内容により異なりますが、①の10%~30%です。
残存物取片付費用保険金は①の10%限度です。


つまり、①の120%~140%相当の保険金が支払われます。

635040円~740880円あたりの金額が支払われることになりますね。






前回も話した通り、まずはどこの保険か調べて下さい。






こういう書類があるはずなので、まずは保険の確認
その後で採寸、積算です。



今日はここまで