2019年1月9日水曜日

火災保険を活用した工事、どこに頼むべきか

こんにちは田里です。








火災保険を活用した修繕・リフォームは年々認知度が上がってきていますが様々なサイトがあり、どこの業者に頼むべきか悩むところだと思います。


今回は目的別の頼むべき業者をまとめてみます。




1. 台風被害など自然災害による建物の損傷を自覚している方

ご自身で被害の自覚があり、とにかく損害箇所の復旧のみを行ないたい、という方は①地元の工務店や専門業者へ見積もり依頼をし、ご自身で保険会社へ事故の報告を行なって下さい。業者から上がってくる見積もりを添付し、保険会社へ郵送で送る流れになりますが保険会社の担当の方が丁寧に教えてくれます。②保険金の支払いが確定してから業者さんへ施工の依頼をしてください。①〜②までおおよそ4週間程度掛かります。雨漏れなどが起きている場合は①の時点で雨養生をしてもらってください。






2. 自然災害の自覚は無いが目の届かない所まで確認したい方


こちらに関しては弊社のような専門業社へ依頼をするべきです。一般的な工務店や施工業者さんではどこからどこまでが、どの程度の範囲で補償の対象となるか把握していないため、せっかく保険金の請求ができる状況にあっても「特に問題はないですね」で終わってしまう可能性が高いです。その地域の特性や直近の台風の規模、建物の状況などから総合的に判断して保険申請の可否を決めています。弊社の申請可否の判断はほぼ100%的中します。


3.外壁塗装など、リフォーム資金を用意したい方

こちらの方に限っては弊社へご相談ください。保険金の請求可否の判断、専門的な調査、保険金をもとに外壁塗装の提案、施工をワンストップ(施工する職人まで全て弊社の社員)で実現しているのは全国的に見ても弊社以外存在しません。








現地調査は無料です。外観の調査のみですので所要時間は20~30分程度
お気軽にお問い合わせ下さい。



友達登録お願いします